FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡も魔法もあるんだよ 美樹さやかのオールナイトニッポン 第8回第2部(全3部)

美樹さやかのオールナイト8-2


さやか
「それじゃあコーナースペシャルって事で
 コーナー行きましょう!
 久しぶり!



『残念!さやかちゃんでした!』



 このコーナーは
 アレかと思いきやソレだった
 騙されたり勘違いしたりした話を私が
『○○かと思った?残念!▲▲でした!』
 って形式で紹介して行くコーナーです!」

杏子
「ほんと久しぶりだなこのコーナー」

さやか
「そうなんです」

オクタヴィア
「結構放置シチマッタナ」

さやか
「ネタ送ってくださってた皆さんほんとすいません!
 いや実はね…川柳のコーナー始めたらこのコーナー終了しようかなって思ってたんですよ
 ねー杏子」

杏子
「そーそー
 比較的ネタ出しやすいコーナーのつもりだったんだけど
 川柳のコーナー始まったらあっちの方が圧倒的にネタ出しやすいだろ?
 ぶっちゃけリアルメール来なかった時スタッフがネタ考えんの大変なんだよ」

オクタヴィア
「ソレハ 黙ットケ」

さやか
「紹介してないメールやったら『さいーしゅうーかいーーっ!』
 って思ってたんですけど…このコーナーもそこそこネタ出しやすいコーナーだったのよね」

杏子
「最終回にするつもりで改めてコーナー見返したらな」

さやか
「そんな訳で…
 終わりそうで終わらない半端なコーナーとして継続していきます
 残念!最終回じゃありませんでした!」

オクタヴィア
「実際最終回ナノハ『幸セナカポー皆死ネ』ダケダゼ」

杏子
「オクさんカップルだけやたら発音いいな」

オクタヴィア
「カポー」

さやか
「オクさん 林檎は?」

オクタヴィア
「アポー」

さやか
「それでは紹介していきましょうw

 ラジオネーム『杏子ちゃんのポニーテールぺろぺろ』さん」


『いい匂いがすると思った?
 残念!
 杏子ちゃんはちょっと汗臭いのでしたでもむしろその方がとてもおいしそうでぺろぺろぺろぺろぺ……』


杏子
「出たぁ最低のラジオネームやろう!こいつ久しぶりだな!!!
 そして相変わらず気っ持ちわりいーっ
 送ってくんなー!!」

さやか
「コーナーまつり1通目からドしもねた登場です」

オクタヴィア
「コノヤリトリモ ナンカ 懐カシイナ」

さやか
「何もかもみな懐かしい…っつてね」

杏子
「いいから懐かしがらなくてよー!
 くっそむかついた…
 今度ぜってぇあたし『さやかちゃんのソウルジェムちゅるちゅる』って名前でゲッスいドしもねた送ってやる…」

さやか
「えっ…

 その…
 杏子がしたいなら…いい…よ…?
 私のソウルジェム…ちゅるちゅるしても…」

杏子
「えっ?」

さやか
「杏子なら… いいよ…?」

杏子
「さ… さやか…
 ほんとに…いいの…か…?」

さやか
「うん…ほら…来て…
 私のこここんなになって…
 杏子に…して欲しくって…

 って…

 なるかーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!」

オクタヴィア
「ダヨナ…」

さやか
「杏さやレズプレイが生放送中に始まると思った!?
 残念!
 どうでもいいキッカケから杏さやに持っていくのも以前数回やった定番パターンでした!!!
 やーい杏子その気になってやんのー!」

杏子
「お…
 おまえが言い出したんだオマエが!」

さやか
「この番組はちゃんと全年齢向けでお送りしていますからね!
 ご安心ください!」

オクタヴィア
「キツイ シモネタ 結構アルケドナ」

さやか
「はいそれじゃあ続いてのメール行きます!」

杏子
「なんか今日のさやかいつもよりテンション高いなー」

オクタヴィア
「生理前デ 高ブッテンノカモナ」

さやか
「うっさい!
 ノーコメント!
 結局あんたらもシモネタじゃないのwww」

杏子
「へっへっへ」

さやか
「気を取り直して…
 じゃあシモネタじゃない普通のネタ行きましょうか

 Pixivネーム『琵琶さざなみ』さん」


『ラーメン中毒かと思った? 残念、ジロリアンでした!』


さやか
「ちなみにジロリアンとは『はてなキーワード』によると
『ラーメン二郎に魅了され、その中毒性にとりつかれて、禁断症状を起す人々。』
 の事だそうです
 ラーメン二郎の…ラーメンじゃなくて二郎という食べ物なんだって言うぐらい独特な奴なんだって…」

杏子
「あー聞いたことある
 なんかすっげえボリュームがあったり色々細かい設定変更できたりする奴だろ?」

さやか
「あたしもツイッターで画像みたぐらいで食べた事ないんだよね
 普通のラーメンだったらよく行くんだけどね?」

オクタヴィア
「地方ニハ 縁ノナイ モノナンダヨナ」

杏子
「あーあ!まったく北関東はよー!」

オクタヴィア
「今 中ノ人ノ 本音モ 混ザッタナ…」

さやか
「中毒になるぐらいすごい食べ物なんだろうね…
 杏子は好きそうだけどあたしは…んーーーー試してみたいけどきついかなー?」

杏子
「折角だから今度試しに行こうぜ?
 夏休みでも利用してさ
 番組に旅費出してもらって取材っつって
 現地でのレポート録音して初のスタジオ外録音放送…って…

 なんだよーダメなのかよー」

オクタヴィア
「今 ADノ ホムラカラ ×印ガ 出タゼ」

さやか
「まあそうだよねー」

杏子
「中の人が行く機会があったらだな」

さやか
「そうね
 あ、そうそう!
 実はこのネタ、リアルメールで送られてきたものでした
 琵琶さざなみさんありがとうございますー!」

杏子
「ありがとなー」

オクタヴィア
「サンキューデス」

さやか
「Pixivで1部1部に丁寧にコメント受けてくださってそちらもありがとうございます!
 実はこのネタ、そのコメントの中から拾わせて頂いたものでして…
 本当はPixivでのコメントでネタ送ってもらうのOKにしちゃうと
 以前チェックして申し訳ないけど没にしたものかそうでないものか管理とチェックがものすごく大変になるので
 禁止のつもりで居たんですが…このネタは没にするには惜しい良いネタだったんで例外でピックアップさせていただきました!
 勝手に使った形になってしまってたらごめんなさい!」

杏子
「ちなみに上記の理由で今後もPixivコメントでの投稿は採用されにくくなるから
 皆も今後も送ってくれるならメールやPixivのメッセージで頼むな!」

さやか
「宜しくお願いしますー!」

オクタヴィア
「ヨロシクナー」

さやか
「さて続いてのメール!

千葉県松戸市 ラジオネーム『人妻風呂』」



『あなたの事忘れられると思った?
 残念!
 どんなに酷い事をされても…私があなたのこと忘れられるわけないじゃないの!』



杏子
「こいつも久しぶりじゃねーか」

オクタヴィア
「サヤカガ 送ッテルンジャ ナイカ ト 囁カレテイルゼ」

杏子
「ほんとほんと
 今回もまるでさやかが送ってきたかのような内容だな」

さやか
「何度も言うけど違いますぅー」

杏子
「まーでもあれだな
 このコーナー最終回にならなくてホントよかったな」

さやか
「?
 なんで?」

杏子
「この『ラジオネーム 人妻風呂』
 幸せになってもらうの見届けねーとさ
 ずっと痛々しいのだとやっぱなんかやだろ」

さやか
「そうねー
 人妻風呂さん頑張ってね!
 私も頑張る!」

オクタヴィア
「マア 人妻風呂ノ正体ガ サヤカダッタラ
 トンダ茶番ナ ワケナンダケドナ」

杏子
「だーよなー」

さやか
「違いますー私じゃないですー






 じゃあ続いて…今度はリアルメールです

 ラジオネーム『須田』さん」


『抱き枕カバーかと思った?
 残念!
 添い寝用シーツでした!』


さやか
「須田さんより補足あります

『雑誌の付録で大変良い絵柄のカバーがあったと思ったらシーツカバーだったという事ですね。
 自分は抱きまくラーなのでシーツでは幾ら絵柄良くても買えません。やはり容積が無ければ。
 そういえばまどマギ関連公式グッズで抱き枕カバーは無かったかな・・・?』
 
 私は抱き枕とかわかんないなー
 雑誌の付録でついてくるって言うのもすごい世の中だよね
 ねぇ杏子?」

杏子
「あ…
 ああ
 そうだな…」

さやか
「ほら何か家族に見られると恥ずかしいかなーって
 興味が無いわけじゃないんだけどね?そこまで欲しいってわけでもないかなって
 私女だし?ねえ杏子?」

杏子
「ああ…うん
 まあな…」

オクタヴィア
「ドウシタ杏子 様子オカシイゼ」

杏子
「そ…そうか…?」

さやか
「杏子まさか…抱き枕…使ってる…?」

杏子
「…いや…
 抱き枕を使おうと思って使ってるわけじゃねーんだよ!?
 その…安くいい枕が欲しくて懸賞に送ったら当たっちゃって…
 使ってみたら…すごく…安心感があって…」

さやか
「杏子あんた…」

杏子
「シ…シーツも!
 使ってたシーツが破けちゃってさ!!
 そんなときに丁度シーツカバーが付録でついてて!
 使ってみたらその…なんかちょっとだけ一人で寝てる寂しさが…和らいだ気がして…」

さやか
「杏子…あんた…」

杏子
「須田!
 いいよな!抱き枕!
 シーツも是非使ってくれよ!」

オクタヴィア
「杏子… 不憫ナ子…」

さやか
「杏子…そんなに寂しいなら今夜…
 私、遊びに行ってもいいよ…?」

杏子
「えっ…
 
 いいのか!?」

さやか
「そりゃあそんな話聞かされたら…ねえ?
 毎日は無理だけど時々ならさ?
 杏子が寂しいって言うなら…ねえ?」

杏子
「さ…さやかぁ…!」

オクタヴィア
「トコロデ…
 杏子ハ 今ハドコニ 住ンデルンダ?」

杏子
「ん?
 公園のぞうさん滑り台の下だぞ?」

さやか
「ぶっ!
 あんたまだあそこに住んでるの!?」

杏子
「そうだよなーそろそろ移動だよなー
 いやこの季節になると虫多くて!」

さやか
「杏子!今日泊まりにいくのやっぱ無し!
 かわりにウチ来なさい!ウチ!
 そんな所にいつまでも居ちゃダメーッ!」

杏子
「えっ?いいの!?」

さやか
「いいに決まってるでしょ!
 あーもー今までなんで気付かなかったのかなー!
 8ヶ月も放置しちゃってたなんて…ゴメンネ杏子!」

杏子
「いやなんで謝ってるのかわからないけどよ!
 あたしが礼を言うならわかるけど!
 ありがとなさやか!やったぜー久々の風呂だ!」

オクタヴィア
「公園ノ 滑リ台ノ下デ アニメシーツト 抱キ枕デ寝ル
 杏子トサヤカモ 見テミタカタケドナ」

さやか
「オクさん…っ!!」

杏子
「よーしそうと決まったら今日さやかの家に持ってくもの考えないとなー
 やっぱ話の元になった抱き枕とシーツは持ってくべきだよな?
 さやかにもあのよさを味わって欲しいし
 あとは何もってこうかなえーとえーと…」

さやか
「杏子!番組に集中して!
 気が散ってるとマミメガネ先輩みたいになるよ!」

オクタヴィア
「仮ニ 眼鏡ヲ カケテイタト シタラナ」

杏子
「おっとそうでしたそうでした へっへっへ」

さやか
「そして抱き枕とシーツもってくるのは…できれば勘弁して欲しい…!」

杏子
「えー?ダメかー?」

さやか
「うーん… 要打ち合わせ!」

オクタヴィア
「デ ソノ マミメガネハ 何シテルンダ今」

杏子
「さっきスタジオに戻ってきて
 あたしたちが言ったからか?ようやく紅茶とお菓子の用意はじめてたな!」

さやか
「えっ ほんと?」

杏子
「ただシャルロッテがそのお菓子一口でペロリしちゃってマミまた恐怖で硬直して今に至ってるぜ」

さやか
「あーあーあー」

オクタヴィア
「マミダ マミダ マミメガネダ」

杏子
「これシャルロッテも仕事してねぇよなw」

さやか
「たしかにねー
 もしかしたらマミさん本当はこれまでも時々お茶とか用意だけはしようとしてたのかもね?
 私達が気付かなかっただけで」

杏子
「だったら悪い事したかもなー」

オクタヴィア
「デモ マミメガネ ッテ ネーミングハ 気ニ入ッテルラシイゾ」

さやか
「あ、ほんと?
 だったらマミメガネは継続ー
 それじゃあ最後のメール行きます!最後のメール…

 うわあ来ちゃったよこの人のネタ…
 何でこのメールスタッフはじかないのよ…」

杏子
「何だ何だ
 誰からのメールだ」

オクタヴィア
「住所不定 ラジオネーム『腹黒ナ マスコット的存在』
 本名QBカ?」

さやか
「いや違う
 もう一人の問題児リスナー…
 リスナーって言うかスタッフ」

杏子
「あー」

オクタヴィア
「アイツカ」

さやか
「もうさらっと読んじゃいましょう

 ラジオネーム『時をかける少女』」



『いつまでも楽しい時間が続くと思った?
 残念
 ここからは私とまどかの時間よ』



ほむら
「という訳で2部はここまでよ
 このあとの3部からは大好評
『まどか川柳 さやか俳句』
 のコーナーをお送りするわ
 今週も私 ADを勤める暁美ほむらがまどかを過剰なまでに褒め称えた素晴らしいメールと
 美樹さやかをクソミソに罵倒した気持ちのいいメールを紹介するわ」

杏子
「あーあー
 まーたいつの間にかブースに入ってきてるし!

さやか
「やるの!?
 ホントに私をクソミソに罵倒した気持ちのいいメール紹介するの!?
 ってかなによクソミソに罵倒して気持ちいいって!ストレス!?ストレス解消なの!?」

ほむら
「このあとは3部よお楽しみに」

さやか
「ちょっとほむらーっ!!
 答えなさい!」

ほむら
「お楽しみに」

さやか
「ほーむーらー!」

ほむら
「おはほひひに」

杏子
「ほらさやか 離して離して」




~第3部に続く~

テーマ : 魔法少女まどか★マギカ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たかはぎけもの

  • Author:たかはぎけもの
  • 主に日付変更とともに更新されてます

    ◆同人最新情報はこちら
    ◆絵のログはこちら
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。