FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡も魔法もあるんだよ 美樹さやかのオールナイトニッポン 第8回第1部(全3部)

美樹さやかのオールナイト8-1


時報
パッポッ

パッポッ

パッポッ

ピーン



さやか
「上司に恵まれるかどうか
 先輩に恵まれるかどうかって色んなところで結構重要じゃないですか」

杏子
「そうだな」

オクタヴィア
「タシカニナ」

さやか
「逆で『後輩に恵まれるか』って言うのも大切ですけどそれはまあ置いといて
 どこでも必ずきく話で『自分は何にもしないのに偉そうな先輩』って有ると思うんですよ」

杏子
「よくある話だよな」

オクタヴィア
「アルアルダナ」

さやか
「没にしたはずの企画を自分の名前にして提出して自分の手柄にしたりとか
 何もしないくせに人へのだめだしだけはいっちょまえにしてミスを後輩のせいにしたり…
 なんていうゴミ先輩の愚痴と言うかトークと言うか…?そう言うのって誰しも一度は耳に下こと有ると思うんです
 世の中にそんなにいっぱいゴミ先輩が居るんだなってびっくりしちゃうわけなんですけども

 その…
 我々の番組にも居るじゃないですか…
 手柄をとったりはしないから根は悪い人じゃないんだけども…
 
 仕事をしない先輩っていうのが」

オクタヴィア
「ハイハイ」

杏子
「そうだな」

さやか
「最初の頃は気にならなかったんですよね
 むしろ熱心に辞書開いていろんなメモを取って
 さすがサブ作家!番組の為の資料作りに余念がない!って思ってました私」

杏子
「あたしもそう思ってたやってたな」

オクタヴィア
「熱心ダッタヨナ」

さやか
「ところがどうも違うぞと…
 手元で辞書開いてごそごそすごい熱心にやってるのは番組の為のもんじゃない…
 その資料あたし達の手元に一度たりともとどいたことがないぞと」

オクタヴィア
「ジャア 何ヤッテンダ ッテナ」

さやか
「もしかして…先輩だから受験に向けて大変なのかな?
 番組中も勉強しなきゃいけないほどなのかな?とも思ったけどどうやらそれも違うみたい…」
 まあ受験勉強だったとしても…番組やってる最中は本当は勘弁して欲しいんだけども
 どっちにしろ正直『心ここにあらず!』って言う状態がずっと続いてたんだよね」

杏子
「魔法少女だけにな」

オクタヴィア
「心ハ 体ト離レテ グリーフシードニ ナッテルモンナ」

さやか
「いや上手いこと言わなくて良いからw
 でもまあその頃は…番組の事はやってくれていなかったとしても
 とりあえずは必ずブースの外には何とか居てくれたんですよ」

オクタヴィア
「一応ナ」

杏子
「別な事やりながらも一応は居たんだよな」

さやか
「そこはやっぱ頼れる先輩って言う自覚?があったのかなー
 そう居続けたいと思ってたのかなー
 まあ何だかんだで『全くやる気がない』って訳じゃなかったんですよ
 ところが!」

杏子
「問題が起きたんだよな」

さやか
「そう!
 ひょんな事からその先輩なんと…
 突然スタジオから逃げ出すという暴挙に出たんですよ!」

オクタヴィア
「ツイニ職場放棄シチャッタヨ」

さやか
「それまでは抜けてるところも有るし変なネーミングセンスだけども
 何だかんだで最終的には頼りにはなる先輩だってずっと思ってたんですけどね
 まさか…まさか逃げ出すとは…」

杏子
「もう何も怖くねーんじゃ無かったのかよって」

さやか
「残念ながら怖いもの…あったんです!
 その先輩が逃げ出したことで、かわりに見習いとして入った『シャルロッテ』!
 駄目でしたー
 その先輩シャルロッテが怖くて怖くて…
 シャルロッテがスタッフ入りして以降
 逃げ出すかスタジオで硬直してるかの二つに一つ!」

オクタヴィア
「サブ作家ナノニナ」

杏子
「なんっっっにもしなくなったよな」

さやか
「『えっ…?首ついて無いんじゃない!?』
 って…あのシーンを彷彿とするぐらい微動だにしません
 あまりにも酷いのでそのときオクさんがあだ名をつけました
 そのあだ名が…」

オクタヴィア
「マミゴミ」

さやか
「マミゴミ…
 なんか小気味よいリズムと響きですが…
 なんだか『ゴミ』はさすがに酷い
 これまで尊敬してきた頼れる先輩に『ゴミ』なんていうあだ名をつけるわけには行かない…
 と、ここまでが前回までにあった頼れる先輩マミさんの全然頼りにならない番組中のエピソードだったわけです」

杏子
「そうだったな」

オクタヴィア
「オサライ 終了」

さやか
「ここまでお付き合いくださってありがとうございました
 実はここに来て改めて こんな長々マミさんが仕事しない件についておさらいしたのには理由があるんです

 この度ついに!あの先輩が番組中に辞書で何をやっていたのか判明したのです!」

杏子
「おっ!」

オクタヴィア
「マミノ 謎ノ行動ノ 真相ガ明ラカニ!」

さやか
「あの人なんと番組中に辞書で…
 必殺技につかえそうな単語漁りしてました…っ!!!」

杏子
「あ… ああー…」

オクタヴィア
「…マア… ダロウナ…」

さやか
「『ティロ・フィナーレ』や『エンカンの理』でお馴染みのマミさん…
 驚きというよりはどっちかというと納得ですね」

オクタヴィア
「道理デ 熱心ナ ワケダヨナ」

杏子
「番組中にやってんじゃねーよなー
 家でやれよ家で…」

さやか
「実は私も杏子も
 マミさんがサブ作家って言うものだから初回からすごい期待してたんです
 サブ作家さんって新しい台本を持ってきてくれたり飲み物を持ってきてくれたりがお仕事じゃないですか
 だからいつも通りの紅茶とかお菓子が入ってくるのかなって…ずっと期待していたんです

 番組開始から今回でもう8ヶ月!
 1度たりともそんなもん出て来てません!」

杏子
「あたしもそれ期待してサブ作家お願いしたのによー
 これだったらマミの家から放送した方がいいじゃねーかよ
 どこに何があるか全部把握してるぜあたし」

オクタヴィア
「入り浸リ スギダロ オマエ」

さやか
「そこで我々
 そんなマミさんにあだ名をつけました
 勉強熱心な先輩にぴったりのあだ名はないか
 一生懸命考えました」

杏子
「オクタヴィアを『オクさん』みたいなな」

オクタヴィア
「イイ アダ名ニ シナイト イジメミタイ ダカラナ」

さやか
「マミゴミはあまりに酷い…
 だったら勉強のイメージを追加しようか?ということで生まれたのが…
 そう
『ゴミメガネ』」

杏子
「某ラジオ番組のサブ作家のあだ名そのまんまで丁度よかったんだよな」

さやか
「まあ…勉強だから眼鏡っていうのも安直なんだけれどもね」

杏子
「実際メガネかけてねーしな」

さやか
「マミさん眼鏡にあいそうだけどねw」

オクタヴィア
「シカシ我々 ココデヒトツ 問題ニ気付イタ」

さやか
「そうなんです
 折角作ったこのあだ名
 仕事をしない『ゴミ』
 勉強熱心な『メガネ』
 この二つで出来たあだ名で丁度いいかと思ってたんですが…

 …マミさんとわかる要素が一つも無い!

 どうする!?
 ゴミメガネで丁度いいと思ってたのに…!

 …そんな時オクさんがふと言った一言
 それがそのまま最終決定のあだ名となったんです…!
 その最終決定されたあだ名は何か!
 オクさん!お願いします!」

オクタヴィア
「マミメガネ」

杏子
「マミメガネ」

さやか
「マミメガネ先輩です
 そんなマミメガネ先輩あだ名決定記念スペシャル!



『奇跡も魔法もあるんだよ!
 美樹さやかの!
 オールナイトニッポン!!!!!』」




BGM ~ビタースウィートサンバ~(http://www.youtube.com/watch?v=TOsfV1ntR5M)







さやか
「改めましてこんばんわ!
 メインパーソナリティの美樹さやかです」

オクタヴィア
「ドウモ サブパーソナリティ ノ『美樹・オクタヴィア・サヤカ』デス」

杏子
「放送作家の佐倉杏子だぞ
 おいさやか…スペシャルとか言っちゃってどうすんだよ
 何をスペシャル的なことすんだよ」

さやか
「ごめん言ってみたかっただけ
 特にマミさんに関するスペシャルは何もしないよ
 まあそんなわけで無事マミさんに『マミメガネ』先輩って言う素敵なあだ名がついたわけなんですけれども」

オクタヴィア
「伝ワッテルノカヨ コノノリ」

さやか
「んーどうだろうね
 正直不安ではあるよ」

杏子
「あたしも内輪ウケすぎる話しだと思うぞ
 あたしたちの中ではなんか流れと響きで楽しくなっちまったけどさ
『マミメガネ』って言われても『何がおもしれーんだ?』って人多いだろな」

さやか
「やっぱそうかな…?
 一応番組スタートした頃から数話に分けてポロポロ出してきたマミさん伏線を回収した形なんだけど…」

杏子
「無駄な努力だっただろうな」

オクタヴィア
「伏線ノ 無駄遣イ ダナ」

さやか
「うーん
 このノリ、ついてこられなかったリスナーの皆さんほんとゴメンネ…!?」

杏子
「大体『マミメガネ』って
 実際メガネはかけてねえからなマミの奴」

さやか
「仮にメガネをかけていたとしたらの話だからね」

オクタヴィア
「『ゴミメガネ』ガ 伝ワル人ニハ 絶対伝ワルンダケドナ」

杏子
「そーだな
 ま、そこはさ?
『箸が転がってもおかしい』世代なあたしたち女子中学生の
 くだらない日常のトークを聞いてもらったって事でひとつ手をうってもらおうぜ」

さやか
「そうね、私達もリスナーの皆さんも
 何でも『いい方にいい方に』捉えるように…宜しくお願いします!」

オクタヴィア
「トリアエズ ワカンナクテモ 笑ットケ」

さやか
「おっwオクさん5・7・5になってる!


 この番組は
『見滝原町役場』
『MAHO堂』
『日本魔法少女著作権協会』
『魔方陣グルグル闇魔法結社』


 以上各社の協賛で見滝原町からお送りいたします!
 ちなみに今回は…
 マミさんスペシャルではないけども
 ここ最近飛ばし気味でやれてなかった各種コーナーを改めて全部やるって言うコーナースペシャルです
 お楽しみにね!」





BGM snapped-skankfunk (http://www.youtube.com/watch?v=rahtBTYUmOU)


さやか
「毎月頭に3度に分けて見滝原町から北関東を中心に配信中!
 美樹さやかのオールナイトニッポンではモニターの前の皆に番組のメールを開放してるよ!
受け付けアドレスは
『s_aino★hotmail.com』
 エス アンダーバー エーアイエヌオー アットマーク
 ホットメールドットコム!
 スパム対策でアットマークが星印になってるから
 コピペの場合はちゃんとアットマークになおしてね!」

杏子
「件名に各コーナーのタイトルを
 ネタの前にはラジオネームを忘れずに書いてくれよな!
 ちなみに美樹さやかのオールナイトニッポンは主にブログ・Pixivで公開してるぜ!」

オクタヴィア
「ブログURLハ
『ttp://takahagi.blog2.fc2.com/』ダゼ
 頭ニ『h』ヲ足シテ アクセスシテ クレヨナ」

さやか
「最新で公開されるのはブログだけど18歳未満は法律的に見ちゃいけない画像なんかも載るから
 さやかちゃんを含む健全な未成年は遠慮してPixivにアップされるのを待ってね!
 そんな皆の為のPixivのIDをオクさんよろしく!」

オクタヴィア
「PixivIDハ『531035』ダゼ」

杏子
「小説のコーナーにブログから遅れて掲載予定だからこっちも宜しくな!」

さやか
「ところでサブ作家のマミメガネ先輩は今日どんな調子?」

杏子
「さっき放送中なのにシャルロッテに
『私の後ろに立たないでーーーーーっ』
 って泣き喚いてたぜ」

オクタヴィア
「ゴルゴ ジャ ネエンダカラヨ」

さやか
「トラウマがあるからしょうがないよね」

杏子
「結局逃げてどっかいっちまったけどな」

さやか
「うーん
 マミだマミだぁ」

杏子
「マミメガネだぁー」



(CM)



さやか
「さてここで」

オクタヴィア
「ハイ」

杏子
「オウ」

さやか
「皆さんに残念なお知らせと言うか
 お詫びと言うか訂正と言うか…
 まあそう言うちょっとマイナスなお話があります」

オクタヴィア
「オヤ」

杏子
「なんだまた最終回コントか?」

さやか
「違います
 最終回っぽい雰囲気を出しておいて実は関係ないお知らせだったって言う
 いわゆる最終回コントではないです」

杏子
「あっそ」

さやか
「大体もしそうでも
 先に言われちゃったらやり辛い事この上ないわよ」

オクタヴィア
「ダロウナ」

杏子
「わかってて言ったぜ」

さやか
「やめてください

 さて
 2ヶ月に一度ぐらいのペースでお届けしていましたコーナー
『幸せなカップル皆死ね』に関して
 先月お伝えした情報に誤りがありました」

杏子
「あーあの『中の人の商業の仕事宣伝コーナー』か」

オクタヴィア
「ザマアミヤガレ」

さやか
「だからそうやって内情バラしてやりづらくするのもやめてください!(笑
 前回の放送の中で、毎回メールを送ってくれているラジオネーム『川崎大好き 野球部井椎』さんの
 恋愛相談の詳しい内容は株式会社オークスから発行されている成人向けNTRアンソロジーコミック
『NTR』シリーズで全部見ることが出来ます
 そして『最終話となる第3段が今月7月に発売予定 各種書店さんや通販サイトさんで見かけたら宜しくね』
 とお伝えしましたが…

 その最終話となる第3段は諸事情により発売が延期となり
『今月8月の10日が改めて発売日となる』
 との事です
 訂正してお詫び申し上げます」

オクタヴィア
「結局宣伝ジャネエカ」

杏子
「もうやめようぜその宣伝コーナーよー
 時間ばっか食って感想も何にもこねーんだから」

さやか
「大丈夫
 最終話が発売されちゃえばこのコーナーも終わりです
 そんなわけで『幸せなカップル皆死ね』のコーナーは次回最終回ー」

杏子
「ぐ…
 そうなったらそうなったで
 やけにあっさりだなって思っちまうけど…」

さやか
「最ー終ー回ー」

オクタヴィア
「最初ハ チャント相談ウケルツモリデ 始メタコーナーダッタンダケドナ」

杏子
「最初から最後まで宣伝だけで終わりかー…」

さやか
「はいさーいしゅーうかーーーい」

杏子
「うるっせえwwwwww」




~第2部に続く~

テーマ : 魔法少女まどか★マギカ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たかはぎけもの

  • Author:たかはぎけもの
  • 主に日付変更とともに更新されてます

    ◆同人最新情報はこちら
    ◆絵のログはこちら
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。